注入する上で知っておく事|評判の良い美容整形を受ける|目頭切開による二重整形

評判の良い美容整形を受ける|目頭切開による二重整形

注入する上で知っておく事

美容整形

治療後の後遺症

ほうれい線などのしわを素早くなくせる注射がヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸注射はもともと整形外科で使われていた治療でしたが、今では美容医療の分野で有名になっています。体内にあるヒアルロン酸と同じ構造の薬液を注入するだけで、ヒアルロン酸の効果でほうれい線がなくなります。拒絶反応、後遺症、アレルギーなどのリスクがなく、安全性が高い注射です。ただし、注射をするので注射の跡が残ったり、痒みや赤みが出ることがあります。また、内出血の跡が出ることもあります。このような症状が出ても、患部を触らず安静にしていれば3日ぐらいで良くなります。もしも体に異変を感じたらすぐに治療をしたクリニックに相談する事をお勧めします。

ヒアルロン酸の豆知識

ヒアルロン酸注射は、注射器を使って皮下組織にヒアルロン酸を入れるだけです。ほうれい線を消したい場合は、ほうれい線のシワを埋めるようにしてヒアルロン酸を適量入れます。入れる量は注射器1本〜2本ほどです。ほうれい線のシワが深いと、より多くのヒアルロン酸が必要になります。ただシワが埋まるだけではなく、肌質改善効果もあります。ヒアルロン酸注射をした多くの人が、肌のキメが整い、すべすべになったのを実感しています。ただし、ヒアルロン酸注射はプチ整形なので効果には限界があります。薬剤の種類にもよりますが、平均1年ほどで効果がなくなります。繰り返して注入しても体に負担がかからないので、継続して注入するのがお勧めです。